2020年7月2日木曜日

宿の現状と対策

再開に向けてゆっくり動き始めているような、そうでもないような。

今後はとりあえず、

・宿泊組数を制限

・食事は組ごとに入れ替え制

・風呂も組ごとに貸し切りで、時間制にして入れ替え

で対応させていただくというような方向性?

詳しくは宿までお電話で確認ください。

二社一寺のようすは改めて書くことにします。



2020年3月18日水曜日

恵比寿さまと大黒さま。そして家康さま

いやな病気が流行っていますね。当旅館の玄関には、雛飾りに変わって、七福神から二柱に登場願っています。













めでたい鯛を抱えているのが恵比寿さま。古くは漁業の神だったようですが、その後、商いの神としても崇められています。

小槌と福袋を持っているのが大黒さま。食べ物や財宝、開運を司る神様です。日本神話のなかの大国主神(おおくにぬしのみこと)と習合して扱われます。この神さまは医療の神さまの一面もあるとのこと。ご利益にあやかりたいものです。


















さて、このふたつの像の脇を固めるのが、女将お手製の手芸の品。鶯や桜です。鶯は日光付近でもそろそろ鳴き声が聞かれるはず。いや、私はまだですが、もうすでに鳴いているかも。桜は例年、4月の後半です。その頃までに、流行病が収まってくれるといいのですけれども。













そうそう、日光東照宮の本尊、日光大権現(家康さま)の神仏習合における本地仏は薬師如来です。文字通り、医療の仏さまです。古くは、天然痘などの流行時に各地で祀られました。家康さま、どうか、お力を今一度お貸しくださいますよう。


2020年2月12日水曜日

鉢石宿のひな祭り

日光の二社一寺に向かう国道のうち、神橋の手前一体は、かつての日光街道の最後の宿場であり、いまも鉢石という町名として残っています。

宿場の面影を残す建屋は少なくなりましたが、この時期、各家の軒先に雛飾りを飾る行事が行われています。

いろいろな家庭で、いろいろな思いを託され引き継がれてきた人形たち。


当旅館でも、入り口に飾っています。




寒さのなかにも、穏やかな日差しを感じられる時期になりました。

バスや車でただ通り過ぎるのは、少々もったいないかもしれません。