2019年11月24日日曜日

11月24日 二社一寺と瀧尾神社周辺の紅葉のようす

今週末は雨。
日光はしっとり湿った空気感がよく似合います。

二社一寺のそんなようすを見にぶらぶらしてきました。

稲荷川に沿った坂の途中から、金谷ホテル、旧日光市役所にかけての眺め。

稲荷川側から二社一寺エリア内に入っていきます。








車道わきのモミジのようすをいくつか。












































東照宮参道のモミジ。雨で葉を落としてしまいました。














二荒山神社境内のおみくじもしっとりと。















縁結びの輪にはたくさんの願いが寄せられています。
















二荒山神社の裏手に周ります。ここは、修験道の修行に使われた道。はるか女峰山山頂に続きます。














ハウチワカエデの葉が黄色くなっていました。日当たりや気温によってまだ紅葉が楽しめます。














修験の道の入り口にある行者堂。役小角を祀っています。

ここから、坂を反対側へと下ります。

このあたりは、現在の二社一寺エリアより古くから開かれていた場所です。太く大きく育ったスギがそれを物語っています。この一帯のスギをもとに、二社一寺エリアのスギを殖やしていったとも見られています。
























そのかつての中核、瀧尾神社への参道。















そばの白糸の滝。

応仁の乱後、ここを訪れた僧が、滝を題目にした和歌を紀行文のなかに残しています。(その和歌は現地の案内板に記されています)











二社一寺にもどると、帰りの車で渋滞が始まっていました。