2019年10月31日木曜日

10月31日 神橋、輪王寺、東照宮の紅葉のようす

きょうの神橋のようすはこんな感じです。
 黄色や赤みのある葉がずいぶん増えました。










奥日光からいろは坂を経て、紅葉が山を降りてきています。
東照宮、二荒山神社、輪王寺の二社一寺付近も、徐々に紅葉が始まっています。

 輪王寺前に立つ勝道上人(日光山開祖)像付近のモミジも赤くなっています。













輪王寺三仏堂前のモミジ。















 輪王寺護摩堂脇のモミジ。だいぶ黄色の葉が増えました。













  同じ輪王寺護摩堂脇のモミジ。違う向きから。














この時期は、バスツアーや修学旅行などの団体のお客さまも多く訪れます。

それでも、朝の開門直後は、ひと気もほとんどなく、静謐なひとときを感じることができます。

朝8時30分ごろのようすです。東照宮前から鳥居、参道方面を撮影しました。日光は、日が昇ると雲がかかることが多く、日が差す時間は貴重です。






表門前の灯籠。苔むした感じを多くの方が撮影されていきますが、朝が早いと柔らかい日を浴びるようすも写真に収めることができます。













これは、東照宮表門横に生えているモミジです。日が当たる先端のほうが赤くなり始めました。

いよいよという印象です。





(しかし、なんとまあiPhoneカメラの色味はえぐいこと。フィルムカメラ時代のベルビアを彷彿とさせます)